Twitterでインプレッションが少ない初期の頃にやるべきこと

Twitter

Twitterを開始して最初の頃は、全然反応が得られません。
反応がないと挫折してしまう人が多いですが、インプレッション(表示回数)が少なく、認知されていないので仕方ありません。

発言をつづけていると、あなたのことに興味を持ってくれそうな人が、自分から探してくれたり、Twitter側が「おすすめ」してくれますが、広く認知されるには時間がかかります。
地道にツイートを続けていては、フォロワー獲得するまでにの時間がかかってしまうのです。

フォロワーが増えないと心が折れてしまう方が少なくないでしょうから、序盤である程度のフォロワーを増やすための対策方法を紹介します。

自分から誰かをフォローする

飛び込み営業やポスティングみたいな感覚で、自分から積極的にTwitterユーザーをフォローしていきます。
一定の人は、相互フォローでフォロー仕返してくれますが、フォロー返しされなくても、気にする必要はありません。しばらくそのままフォローしたまま放置して、自分からフォローする活動が終わったら、ご縁がなかったということでフォローをはずしましょう。

さて、フォローする相手ですが、自分の趣味嗜好だけでフォローする相手を選んではいけません。
自分が、ではなく相手ありきです。地域属性が同じ人や、自分に興味を持ってくれそうな可能性のある人をその人のプロフィール欄から読み取りながらフォローします。

そうすることで、あなたの存在が誰かに対し「おすすめユーザー」として表示されやすくなります。
おそらく属性が近い人をオススメするアルゴリズムがあるようです。

だから、無鉄砲にフォローはせずに一人一人相手を選んでフォローしましょう。
ちなみに1日にフォローできる人数の制限(1日に最大400アカウントまで)があります。

Twitterのフォローリミットおよび比率とは?| Twitterヘルプ
Twitterでユーザーをフォローできなくてお困りですか?フォロワーのリミットと、自分がその比率に達していないかをご確認ください。

最初の頃はこのような地道をすることで、自分の存在を認知させていく必要があります。
繁華街でチラシやティッシュ配りをするのにも似ているかと思います。

インフルエンサーに絡む

フォロワーの多いインフルエンサーにリプライを送ることで、注目される可能性を高めることができます。絡む人は、あなたの発信テーマと関連性があるインフルエンサーである必要があります。

どのようなリプライを送るか、その発信内容が見られるので、それなりのセンスが必要。

良くも悪くも劇薬的な行為なので、上手に絡んでいる人の言動をチェックして勉強してからやりましょう。

いい感じで絡めると、インフルエンサーから「いいね」をもらえたり、リプライを返してもらえ、一気にフォロワーを増やすこともできます。

そのためには、フォローが得られる良質なリプライで絡まないといけませんので、敷居が高い行為と言えます。

#(ハッシュタグ)

自分の発信テーマと関連性が高く、需要の高いハッシュタグを探して、ツイートしましょう。
ツイートの中身とハッシュタグの連動性が重要です。
ツイートと無関係なハッシュタグをつけてしまうと好感度を落としてしまうので、気をつけてください。

ハッシュタグは、SNS上で自分作ったり参加する一覧ページのようなものです。

継続的に利用することができたら、フォロワーを増やしやすくなるだけじゃなく、そのジャンルでのあなたの存在感を際立たせることが可能です。そのためにも質の良いツイートを継続することが重要です。

Twitter広告を利用する

宣伝費の予算があるなら、自分からフォローしていかなくてもTwitter広告を利用すべきです。

Twitterにお金を払って、特定のターゲットに向けて宣伝できます。

他のページで紹介したように、プロフィールを良い状態にして、良質なツイートでタイムラインをある程度埋めたら、Twitter広告を駆使して認知されるようにしていくのがオススメです。

最後に

全6回にわたってやってきたTwitterのフォロワーの増やし方は、これで終わりです。
いままで私がやって実際に効果のあった手法を披露しています。
初心者向けの内容ですが、かなり参考になる内容だったかと思います。

ただし、どんなに読んで知識を吸収しても、実際にやってみるのとでは、まるで違うでしょう。
人それぞれ、文章力、商品、知名度、信用など与えられた条件が違うからです。

でも、ここで紹介した基本がわかった上で経験を積んでいけば、ギャップが埋まっていくでしょう。

より深くTwitterのフォロワーの増やす方を知りたい方は、運用マニュアルの完全版を有料(4,980円)で販売していますので、お問い合わせください。

SNS分析ツールについて

SNSの運用を補助するツールが世の中にはたくさんあります。
ソーシャルドッグなどTwitterの分析ツールは、とても便利で良いツールですが、最初の頃は必要ありません。まずはフォローされる仕組みを作って流れができてから導入すべきです。

そのためには、まずは自己紹介を作り、有益ツイートから始めましょう。
エンゲージメントが得られ、フォローされるようになり、収益を得ることができるようになってからでも導入するのは遅くないです。
このようなツールがあることくらいは、頭に入れておきましょう。

本格的にマーケティングを勉強したい人は

このTwitterノウハウは、BtoC向けで実際にお店をやっている方に向けて解説しました。
TwitterでWEBマーケティングのことがわかってきたら、ステップアップするのも良いでしょう。
例えば、情報サイトやBtoBのSNSをやる場合には、このノウハウとは違う戦略が必要なので、もっと深くマーケティングを勉強する必要があります。

以下のようなカリキュラムで、現場で使える知識や技術を学ぶことをおすすめします。
自分に合うかどうか、まずはセミナーに参加してみるのがよいでしょう。
通常5,000円がいまなら無料で参加でき、特典も充実しています。

もし、この記事を読んでWEBマーケティングに興味を持ってくれた方が、もっと先に進んでくれるキッカケになったら嬉しいです。
私がマーケティングを学んだ頃は、このような良質なカリキュラムはなく、良質な本を探すのだけで苦労したものです。

WEBマーケティングはこれからの世の中で、幅広い業界で必要とされるスキルです。
自分の付加価値を高めたり、商売をする上で有利になりますので、早いうちに身につけておきましょう。

吉村デザイン事務所

ウェブ制作の仕事をやること約25年。フリーランスとしてのキャリアは約20年。

東京で有名インテリア会社、大手ISPプロバイダー、女性向けファッション&化粧品会社、ベンチャー・ウェブ制作会社での勤務を経て函館に戻り独立。

主要スキルは、WEBデザイン、プログラミング、イラスト、WEBマーケティング、ライティング、SEO、SNS運用。

SNSの運用を代行して、無名・有名を問わずマイクロインフルエンサー(フォロワー10,000以上)を複数育てた実績があります。

SEOでは、マーケティングや宣伝用語のビッグキーワードで3位以内をはじめ、狙ったキーワードは大手企業と上位を競いあっています。

これらの技術や経験で、宣伝費0円で3ヶ月先まで予約がいっぱいの集客に成功したお店のホームページ、年間100万PVを超える情報サイト(これも宣伝費0円)などのプロデュースした実績がございます。

いままで得た知識、技術、経験を伝えていくことを今後の目標として、このブログでの記事執筆に力を入れています。自分の経験に基づくことだけしか書いていませんので、本当に役立つことだけ発信しています。よかったら読んでいただき、世の中に貢献できたら嬉しいです。

好きなクリエーター:伊丹十三、竹久夢二、みうらじゅん、さくらももこ

好きなたべもの:春巻き、桃

吉村デザイン事務所をフォローする
Twitter
吉村デザイン事務所をフォローする
吉村デザイン事務所
タイトルとURLをコピーしました