Twitterで何を発信したら良いのか?

SNS

Twitterで何をつぶやいたら良いのか?
目的もなくツイッターをやっていても、なかなか反応が得られないものです。

この記事はフォロワーをたくさん増やすことです。
フォロワーを増やしたいのなら、需要のあることを発信しましょう。

情報を発信することは誰にでも自由にできますが、その都度思いつきで気ままに発信しても、他人には興味を持ってもらえません。

赤の他人から反応がもらえる情報発信をするには「需要のあることを発信する」これが前提となります。
自分が発信したいことが、世間の人が欲しい情報とは限りません。
それなら自分から需要の方に歩み寄っていけば良いのです。

世の中には「何かを知りたい人」がいて「それを教える人」がいます。

需要 = 知りたい・欲しい側
供給 = 教える・与える側

世の中の色々なことは、需要と供給で成り立っています。
価値の高い情報需要が高く、人は群がります。
誰もが知っていることは、価値が低いので需要はありません。

Twitterでフォロワーを増やしたり、ブログで読者を増やすには、需要のあることを発信しなければなりません。

Twitterでは、不特定多数の知らない人を相手に情報発信をするわけですから、しっかりした意図を持って情報を発信していかなければ、読んで欲しい人に読んでもらえません。

需要のある情報を発信したら、発見してもらわなければなりません。
発見してもらったら、興味を持って読んでもらわなければなりません。
さらに読んだ後も、また引き続き読みたくなるような仕組みや流れも必要です。

Twitterを運用するには、この一連の流れをコントロールして発信する必要があります。
これを理解していないと、だいたいの人は読者の反応がなく挫折してしまいます。

私もブログやツイッターをはじめた当初、反応が薄く苦労しましたが、試行錯誤するうちに、需要の高い情報とは何かがわかってきて、結果的に不特定多数の人に情報を届けるスキルが身につきました。


いまの世の中、膨大な情報で溢れていますので、まずはテーマを絞らないと見つけてもらえません。

なんでも自由に発信できるから選択肢は無限∞
何を発信すべきか絞れないものです。
だからこそ需要があることを発信することが前提となります。

たくさんのフォロワー数を獲得するには、どういう需要をテーマにするかが重要です。

自分の好き嫌いは関係なく需要に歩み寄っていく、という感じです。

まとめ
  • 自分の書きたいことを発信するのではない
  • 需要のあることを発信する

Twitterで1万フォロワーを獲得するために私がやったことを知るにはこちら↓

吉村デザイン事務所

ウェブ制作の仕事をやること約25年。フリーランスとしてのキャリアは約20年。

東京で有名インテリア会社、大手ISPプロバイダー、女性向けファッション&化粧品会社、ベンチャー・ウェブ制作会社での勤務を経て函館に戻り独立。

主要スキルは、WEBデザイン、プログラミング、イラスト、WEBマーケティング、ライティング、SEO、SNS運用。

SNSの運用を代行して、無名・有名を問わずマイクロインフルエンサー(フォロワー10,000以上)を複数育てた実績があります。

SEOでは、マーケティングや宣伝用語のビッグキーワードで3位以内をはじめ、狙ったキーワードは大手企業と上位を競いあっています。

これらの技術や経験で、宣伝費0円で3ヶ月先まで予約がいっぱいの集客に成功したお店のホームページ、年間100万PVを超える情報サイト(これも宣伝費0円)などのプロデュースした実績がございます。

いままで得た知識、技術、経験を伝えていくことを今後の目標として、このブログでの記事執筆に力を入れています。自分の経験に基づくことだけしか書いていませんので、集客に苦戦していてノウハウと予算がない人に向けて役に立つことを発信しています。

●好きなクリエーター:伊丹十三、みうらじゅん、さくらももこ、竹久夢二、小原古邨

●好きなたべもの:春巻き、カツカレー、背脂の入ったラーメン、桃

●愛車:Jimnyシエラ、Honda STEED

吉村デザイン事務所をフォローする
SNSTwitterの教科書
吉村デザイン事務所をフォローする
吉村デザイン事務所
タイトルとURLをコピーしました