ロリポップのデメリットとメリット

目次

ロリポップ!のデメリット

デメリットについて触れます。
以前のロリポップは、安いけど表示が遅い、アクセス集中に弱いなどの欠点がありました。今はどうでしょうか?

以下のようなツイートを発見しました。

「そして最大の欠点は容量が400ギガあるのにファイル数やフォルダ数に制限があるから使いきれない仕様」という書き込み。

ハイスピードプランのファイル・フォルダ数が500,000までの規制があります。
ワードプレスを長くやっていると写真などのデータがどんどん増えていきます。またワードプレス自体が膨大なファイル数で構成されているCMSなので、たくさんブログを作るのであれば50万を超える可能性が出てきます。
もしファイル数が多くなりそうで不安という方は、他のサーバーも検討してみると良いでしょう。(ただし、エンタープライズ版だと1,000,000まで)

「管理画面がダサい」という声もみつけました。

昔はポップでわかりやすくて、親近感わいたものでした。
いまはこんなデザインです。

以上がデメリットです。

値段が安すぎるということで、不安になる方もいらっしゃるかも知れませんが、自分は10年以上使ってきて、困ったトラブルに遭遇したことはありません。
むしろ低料金ながら、時代に合わせて機能は向上してきていると感じています。
サポートが親切で、わからないことを聞いたら、迅速丁寧に返事をいただき助けてもらいました。

もし使いたいけど不安のある方は、10日間無料で試せるので軽い気持ちで体験してみると良いでしょう

ロリポップ!ハイスピードプランのメリット

超高速で表示されるようになった

WordPressが簡単にインストールでき、他社からの引越しもできる

WordPress速度の高速化
(LiteSpeedはApacheWebサーバーに比べて84倍の性能)

電話サポートも受けられる(格安レンタルサーバーでは電話サポートが受けられない会社もある)

メルマガ機能あり
(競合レンタルサーバーでメルマガ機能がないところが多い)

自動バックアップ無料

独自SSLが無料(セキュリティが高まり、SEO対策に有効)

12ヶ月以上契約するとドメインが、レンタルサーバーを契約期間中ずっと無料

ハイスピードプランにした方がよいのは、単純にLiteSpeedを採用して早いからです。
ホームページはSEOが強く上位表示されなければ、良質なコンテンツを持っていても見てもらえません。
また表示速度が遅いのは離脱の原因になります。

検索結果から気になるタイトルをクリックしたけど、なかなか表示されなくてイライラして10秒以内に検索結果に戻って、違うページを見た記憶ってありませんか?
そ表示が遅いサーバーだと、ユーザーだけじゃなくGoogleからも低評価を下されます。

SEOに強くなり、検索結果に影響を与える

もうひとつ個人的な経験でいうと、自動バックアップが無料になったのが大きいです。

実際の体験談なんですが、誤ってデータを消してしまったことがあり、有償でバックアップデータを買い取った時、データベースとファイルの2種類を復活するのに22,000円かかりました。
ロリポップには、ライトプランもありますがハイスピードプランにした方が良い理由が、自動バックアップ無料です。
誰でも間違って消してしまう可能性がありますので、何かあった時に安心です。

以上がメリットについてです。

ロリポップのハイスピードプランを実際に使って感じた感想はこちらです↓

あわせて読みたい
スペックアップしたロリポップ。ライトプランのコスパがヤバい この記事は、レンタルサーバーを最安値圏(月額500円以内)で借りることを検討している方のための記事です。 いま使ってるサーバーの月額料金が高く感じるので、他社へ...

ロリポップのプランで一番お得なのはハイスピードプラン一択です。
その理由を以下で解説しました。
プラン選びでお悩みの方はご一読ください。

あわせて読みたい
ロリポップのプランを徹底比較。最強にお得なプランとは? ロリポップって、結局どのプランが一番お得なの? お得なロリポップのプランとは?の結論ですがずばりハイスピードプラン一択です。 ロリポップには5つのプランがありま...
目次